リサとミライの、DTMer養成奮闘記

いよいよ決戦(結線)のときがきた!!

こちらでは、パソコンと周辺機器との接続や、パソコン内部での(ソフト上での)接続について、ごく簡単に説明しています。

今までDTMをやるための基礎知識とヒミツのアイテムを収集していたリサ。

次のステージでは、いよいよアイテムを結合して新たな世界への扉を開いていくのだ。。。

最初の試練

リサ

。。。。。

いつもなら突拍子もないことを呟くリサなのだが、今日は寡黙である。まるで匠がその技を存分に駆使しているかのようだ。

リサ

これで・・・終わった、かも!!

別にボスキャラを倒そうとしていたわけではない。

彼女はDTMのシステムを機能させるために、スピーカーとかパソコンとかを繋いでいたのだ。

出来上がったシステムを眺めて、リサは満足そうだ。そのシステムを簡単にイラストにしてみる。

青いラインはオーディオケーブル、オレンジのラインはUSBやThunderboltといったデータ転送ケーブルだ。右下のはオーディオインターフェイス(忘れ去られそうな勇者)。

「禅」というのはリサが目指している「究極にシンプル、かつ左右対称な見た目」のことだ。

ケーブルは合計4本・・・もっともシンプルな形だ。つまりコレだけで、立派にDTMができるということ。

リサ

ふぅ・・30分もかかったよ。

ミライ

大丈夫だって。初めてだし早いくらいだよ。

リサ

そーか。私、意外に素質あるかも!!

ところで、、、実は問題はここからなのだ。

目に見える結線はこれで完了だが、パソコンの中で、DAWソフトと繋がっていなければ音は出せないのだ。

リサ

そ、そんな話、聞いてないってば・・・

ミライ

確かに「見えにくい」ところだけど、今はだいぶ自動でできたりするから、心配ないって(だって私できてるし)。

敵は内部に・・・!?

リサ

自動で・・・♡

そうなのだ。ミライがAppleを使うようになったのは、こういう思い出があったからなのだ。

かなりざっくりと説明すると、以前は

  • Windows:接続するアイテム毎に、ドライバーソフトというのが必要。そのソフトが機械とPCやDAWの橋渡しをしてくれる
  • MacOS:接続するアイテムは、既にMacやDAWで使えるように準備してくれてる

こんなところだ。

ミライ

でも最近は、かなり相性問題とかも良くなってきて、悩むことも少なくなったみたいだよ(ちょっとトラウマっぽい)。

いずれにしても、めんどくさがりタイプだったら、Appleを推したくなる。

リサ

ねぇ、私のこと言ってる?! まあ当たってるけど。

そ、そういうわけでは。。。

えーと、逆に「パソコンの調教大好き!!」というタイプなら、Windowsの方が断然面白いと思う。価値観の違いかもしれない。

この部分は以前にも、こちらで少し触れていたりする。

DTM用のパソコンを探すのだっ!! - もっと気になる#DTM

DTM用のパソコンを探すのだっ!! - もっと気になる#DTM

ここではDTMの検証をしたパソコンを取り扱っている(ネット)ショップを紹介してみました! 今日は久しぶりにいい天気だ。 通り抜ける風も心地よく、ほのかにキンモクセイの香りがする。ということは季節は秋だろう。 リサとミライ...

その後の世界・・・

Windowsでは、ドライバソフトを入れてPCがアイテムを認識できれば、その後はDAWソフトに認識させれば大丈夫。

Macでは、アイテムをつなぐと既にDAWソフトでも認識している状態のことがほとんどだ。

ちなみにDAWソフト上での見え方は、こんな感じになる。Logic proの例だけど、他のものでも似たような感じだ。

出力デバイスのところにUniversal.....(省略)となっているのが、それだ。

全てがうまくいくとは限らないのだが、Macの場合ドライバーソフトがなくてもここまでいけるものが多いのは事実だ。

アイテムの名前が見当たらなければ、下のように探索してみよう。おそらく出現してくるに違いない。

リサ

つまりMacだと、手順が少し簡単になるってこと?

ミライ

そう、大体そんな感じ。音楽以外のところ触るのが億劫な人向けかな(笑)

リサ

そっか!ミライも私と一緒でめんどくさがri...!!

ミライ

(違うよ)

こんな調子で、リサとミライは周辺機器をMacに認識させ、次々に決戦を制していったのだった。

まとめてみる

少々わかりにくいところなので、MacとWindowsの大雑把な違いをまとめてみた。

ここまでくれば、あとはDAWを立ち上げてキーボード叩いて音を出すだけだ(大雑把)。

こうしてストーリーの序盤を戦い抜いたリサとミライは、次なる戦いに向けて着々と準備を整えるのであった。

リサ

いくよミライっ!!戦いの場へ!!

ミライ

えっと、これなんのブログだったっけ???

to be continued...