リサとミライの、DTMer養成奮闘記

作曲中には必須の戦略的「おやつタイム」

ここでは曲を客観的に見直して、よりブラッシュアップしていく様子を再現します

休憩は必要だよ

リサ

作曲って、意外に頭使うんだね〜。あと肩とかなんか半端ない・・・

ミライ

そうそう。ときどきパソコンから離れないと、どんな曲にしたかったかも見失うことあるし。

リサ

ってことで、おやつタイムっ!!

ミライ

どうやってそこに繋がったか分からないけど、賛成!!

おやつタイムしながら、二人は今作ったばかりの曲(のアウトライン)を聴いてみた。

ひねりも必要だよ

ミライ

いいんだけど、ちょっと素直な感じかな?

リサ

「ダダダッ」までもうちょっと長くてもいいかも。だってメインは最初のメロディーにしたいし。

どうも「ダダダ」の部分が目立ちすぎて「メロディー頑張れ」って印象らしい。

ミライ

メロディーが3小節単位よりも4小節単位の方が落ち着くし、長くなるから印象にも残りやすいかも。。。

長いものには巻かれろ・・・という教訓が

ミライ

違うよ。

リサ

(笑)最近ナレーションの人、すぐ脱線するんだから。老化かな?

あと、ダダダに行くところがなんか突然すぎな感じがする。

ミライ

そうなんだ。だったらその前に、1小節くらい持ってきて、少し盛り上げるのはどうかなぁ?

リサ

じゃあ少し直してみるね(もう少し食べたいkedo...)。

ミュートして確かめよう!

そうして、まず基本メロディーを4小節にした。もともと4小節だったから、ここはすぐに終了かと思ったが、意外に難しかったようだ。

リサ

メロディーが大きくてコードが聴きにくくて。。。

ミライ

じゃあメロディーだけ音消したらいいよ。ミュートって言うんだ。

リサ

なるほどねー。これなら聴きやすいっ!!

そう。大抵のDAWにはこの機能が標準装備されている。この技を使ってなんとかコードを入力してみたのが次の動画だ。

付け足した1小節

メロディーラインの音データが一部分グレーになっているのがお分かりいただけるであろうか?それがミュートされた音。その結果、ベースと和音が聴き取りやすくなっている。

リサ

じゃ、2回目のメロディーも1小節伸ばしてみるね。

このようにして1回目と2回目のメロディーは1小節ずつ引き伸ばされたのだった。

メロディー引き伸ばし後

こうしてループさせてもそれなりに曲として聴けるようになったので、ここからは音をいろんな楽器に置き換えていく。

さあ、どうなるんだろう・・・

to be continued....