リサとミライの、DTMer養成奮闘記

適した音色でパーティーを組む(後編)

ミライ

今度は曲の後ろ半分のとこね。

リサ

だいぶ慣れてきたから、今度は早く出来そう!!

ちなみに曲の後半というのは、これだ。ピアノで戦闘シーンを作ってみたつもりらしい。

ピアノバージョン

こだわりは大切

まず「ダダダダッ」のところの音を探すかと思ったのだが、、、

リサ

ダダダの後の低音のところ、ティンパニってのにしたいんだ!!

ミライ

それいいね!!どっかで聴いたことあるの?

リサ

うん。今やってるゲームでおんなじ音があって、気になって調べてみたの。

ミライ

そうなんだ。やっぱりいろいろ聴いておくのって大事なんだね!

リサ

作曲っていっても、真似ばっかりしてるんだけどね〜(笑)

ミライ

いいんじゃない。私もそうだし(でもすでにリサっぽい個性出てるし)。

ティンパニというのはこれのこと。

ティンパニ

オーケストラでよく見る楽器で、音程の調節ができる。でかい。チューニング自体が一つの神技っぽい。

リサ

それとダダダダのところは、やっぱりブラスって感じにしたいな。

ミライ

ブラスね。検索したらいっぱい出てきたから、頑張っていいの探そうか。

エディットへのいばら道

リサ

なに・・・この量の多さ。

ミライ

うーん・・・だったら「作ってみる」とか。

リサ

作る??音を?

ミライ

そう。さっきやった「エディット」とおんなじことだよ。

適した音色でパーティーを組む(前編) - もっと気になる#DTM

適した音色でパーティーを組む(前編) - もっと気になる#DTM

ピアノスケッチを完成させたリサ。次は各パートに適した音を割り当てていくのだが、RPGのパーティーを組んでいくように、適材適所が大切なことに気がついたのだった。また簡単な音色エディットの実際も紹介。

探すのもいいけど、せっかくなので音を作ってみることにした。

手順はこうだ

  1. オシレーターで基本となる音を選ぶ
  2. フィルターで音の明るさを調節
  3. フィルターエンヴェロープで、音の明るさを時間で変化させる
  4. アンプエンヴェロープで、音の大きさを時間で変化させる

基本的な音は、大抵これでなんとかなる場合が多い。

あとはこうやって作った音を重ねてみたり掛け合わせてみたりすれば、多彩な音が誕生するのを目の当たりにすることができる。

リサ

よくわからないけど、やってみるね!!

しかし結局はめんどくさくなって、イメージに近い音を探してエディットしたのだけれども。

こうして試行錯誤したのがこの音だ。

有名なProphetのマネ

有効活用も大切

リサ

なんか、もうちょっと華やかな感じにしたいな。

ミライ

そうしたら、、、メロディー作った時の音を重ねてみたらどうかなぁ?

リサ

あっ、それってなんだったっけ? しんさ・つ・し・つ・・・?

ミライ

どうしたらそうなるかなぁ〜(笑)シンセサイズ、合成ってことだよ。

リサ

そうそう!!それだぁー♡

それで音を重ねてみたらこうなった。

完成版「ダダダダ」

このあとは、ループして最初に繋げるまでの「効果音的な」部分になる。

ピアノスケッチのままだと、なんだかとても寂しい気がする。

寂しい・・・

原型はどこへ?

リサ

ここはね、なんかもう「カオス!!」って感じにしたいな。

ミライ

じゃあ、せっかく作ったピアノフレーズはそのまま使って、あとは効果音みたいなのをたくさん入れてみようよ。

リサ

オッケーSiri!(iPhone使ってる)

ずいぶん苦労して探しまくって、覚えたてのエディットを少しやって、どうにか2つの効果音を入れた。

それとピアノのところ、音を変え、8部音符を16部音符にしてグリッサンドっぽくしてみた。

リサ

頑張って作ってみたよ。Siri,,役立たず。。。

Siriに音を探してもらうのは無理だと思うが、リサの意外な根気で、なかなかいいモノができたようだ。

頑張りました
ミライ

頑張ったよねー、ホントに。原型留めてないじゃん(笑)せっかくだから、おやつタイムしながら全部聴いてみようよ!!

リサ

忘れてたよ〜チョコのこと。。。

ということで、出来上がったのがこの曲だ。

繋げてみた

この後ループさせて・・・となる予定なのだが、リサがなんだか浮かない顔をしている。

リサ

。。。。。

to be continued...