リサとミライの、DTMer養成奮闘記

DTM用パソコンの、ザックリした選び方

DTMを始めるときにまず考える「パソコンの選び方」。ここではとてもざっくりですが、CPU、メモリ、ストレージについて説明しています。

それなりに初動の行動力だけは人並みのリサは、早速ミライのメモ書きを見ながら準備を始めた。

「まずマニストップで履歴書を買って・・・バイト探しのフロムBも買って・・・」

<しばらく省略>

リサ

次はパソコンかぁ・・・

どんよりした冬の空がさらに重苦しくのしかかる。

リサ

そういえば、お父さんの使ってたパソコンあったよね!!

父親の書斎(兼 物置き)からPCを持ち出して、決して見てはいけないデータが入ってないか確認してから、電源を入れた。

起動音の後に見慣れた画面。そして・・・

リサ

こっからどーするの!?

そうだ!!ミライに見てもらおう!!持つべきものは友っていうもんね!!

前向きである。

パソコンにとって大切なものとは?

そんなこんなで、大学生DTMerのミライがやってきた。今日はリサが晩ご飯をご馳走するようだ。意外に器用だったりする。

ところがミライはそのパソコンを一眼見て心がフリーズするのを感じた。はるか昔、小学生の頃、はじめて触ったパソコンと同じだったからだ。

彼女はノスタルジーを振り払うように言った。

ミライ

ど、どんなパソコンがいいのか、説明するね!!

大切なもの「CPU」

CPUはパソコンにとって頭脳だ。さまざまな種類があるが、大原則が2つある。

  1. 高性能なものほど、値段が高い
  2. MacとPCでは(今後は)そもそも種類が違う

ミライはまるで詔を読み上げるかのように解説を始めた。

ミライ

PC (Windows)だったら、最近のCore i7〜Core i9がいいよ。ざっくりだけど。

MacはCPUが新しくなってM1シリーズになったけど、どれを(※)選んでも大丈夫な感じ。

(※)実際にはM1はメモリ容量との組み合わせに制限があるので「どれも」というわけではないが、種類が少ないので迷うことは少ないです。

リサ

お父さんのは、CPUがせ。。セ、、せれろんって書いてある。

ミライ

じゃあ、中古でもなんでもいいけど、やっぱり新調しよっか。

リサ

ミライはどんなの使ってる?

ミライ

昔のMac使ってるから、今度新しいM1のに変えようと思ってる。M1シリーズだったら性能的にはいけそうだし。

リサ

じゃあ私もそれにするよ!!いろいろ選ぶの迷っちゃうし。同じのだったらわからない時ミライに聞けるし!!

正直、MacでもPCでも出来ることに差はあまりない。それよりも相談相手がいる方が、心強いというものだ。

ちなみに管理人は根っからのMac使いだったりするので、基本的にはこの先はMacで!!ということにします。悪しからず。

大切なもの「メモリ」

メモリはよく仕事の机に例えられる。机が広ければ今やってる仕事の資料も手元に置いて、必要な時にすぐ参照できる。

逆に机が狭すぎると、仕事の資料を保管庫まで取りに行かなければならず、時間がかかってしょうがない!!ということになる。

ミライ

次はメモリのこと説明するね。基本の話は上を読んどいてね。

リサ

ふぁーーい。

ミライ

DTMって作る曲とか使うソフトで、どれくらいメモリが必要か少し変わってくるんだよ。

リサ

ジャンルとかで違うってこと?

ミライ

そういうこと。でもざっくりでいいし、大は小を兼ねるからね。

気をつけるのは、大きいメモリはお金が半端ないってことかな。

リサ

バイト・・・

ジャンルやパソコンの使い方で、必要メモリは違ってくることがある。

CPUと合わせて考えると、大体の傾向がわかったりするので、あとでまとめてみる。

大切なもの「ストレージ」

ストレージというのは「パソコンのデータを長期間保管する場所」のこと。

なんのことか分からなければ、ここではざっくりとSSDとかハードディスクだと思えばいい。

パソコン内蔵のものもあれば、外付けで使うものもあるからよく考えて選ぼう。

リサ

ところでさ、SSDとかってどんなのを選んだらいいの?

ミライ

リサの性格からすると・・・内蔵タイプでスピードの速いのを選べば問題ないよ。容量も大きい方がいいけど、やっぱり値段が半端ないってことかな。

リサ

ワタクシがめんどくさがりで短気で整理整頓が苦手だとでも・・・・

ミライ

そ、、、そんなこと言ってなぃ(少し言った)。じゃあそろそろ、どんなパソコンにすると幸せか、まとめてみるね!!

リサ

待ってたよぉ〜・・・・

ミライ

フゥゥ・・・

昔からの付き合いで、ミライはリサの性格をよく理解しているし、リサもそれは同じだ。

そしてミライの「渾身の資料」が姿を現した!!

DTMにはどんなパソコンがいいのか、まとめてみた

ミライ

じゃあ、いままでのこと、まとめてみるね。

ソフトシンセ(シンセサイザー音源)をたくさん使う人

新しいモデリングソフト音源なんかをたくさん使いたいとか、高機能なリバーブをいくつも使い分けたいとか、ちょっと考えただけでもパソコン可哀想・・・

そんな時には「CPU性能高め」を中心に考えるといいかも。シンセサイザー音源はかなりパソコンのパワーが必要だから、とにかくCPUのパワー重視がいいと思う。

メモリは16GBは欲しいですね。32GBあったらとっても嬉しい!!

ストレージはジャンルとかに関係なく1TBあるととても安心できるかもね。でも256GBだと後で悩むことになるかも。

バーチャルオーケストラやりたい人

DTMerの中にも、やっぱりこういう特殊な趣味をお持ちの人がいることは、よーく知ってます。

そんな時は「メモリ系推し」で考えると幸せかもしれません。

EASTWEST使ってフルオケにしようとすると、多分32GBでは足りなくなってきます!!64GBあれば嬉しいです!!(それでも足りない!!っていう人が、たま〜にいます。変態 神です)

ストレージは最初から、外付けで容量も大きくてスピードも早いのを選ぶと時間の節約になります。

誰かみたいにめんどくさがりな人は、内臓タイプでスピードがあってサイズもできるだけ大きいものがいいと思います。

逆にCPUは「超最新」でなくてもいけると思います(お金かかるし)。もしお金に余裕があったり、2年ローンでいいよ!!ってことなら、できるだけCPUパワーのあるもので。

Logic Pro を使いたい人

これ1本で、大体なんでも揃ってしまうDAWソフト。

メリットは安くてAppleとの連携が素晴らしいところ。だってAppleでしか使えませんから。

ミライ

LogicだったらApple一択だよ。考えなくてもいいから楽でしょ?

リサ

うん、なんか私、誘導されてる???

ミライ

(ちょっとだけ・・・)

ボカロとか、ナレーションのとか使いたい人

Macでも大丈夫にはなってきたけど、Windowsの方が幸せになれる気がします。特にナレーション系のソフトは、まだまだWindowsオンリーです。

リサ

ミライすごいね!!ありがと。結構いろいろあるんだね。

ミライ

これでもだいぶ省略したんだけどね。

どっちか迷ったら性能の高い方にしておくと、この先ずっと使えるから結局めんどくさくないよ(って先輩が言ってた)。

リサ

だよねー。やっぱバイト・・・

かなりざっくりではあるが、なんとなくわかったような気になったリサ。ミライに押され、後日二人でウィンドウショッピングに出かける約束をした。

DTMに適したパソコンについては日々状況も変わっていくし、考え方もそれぞれってところがあるので、いろんなサイトでチェックしていくといいかも知れません。

ミライ

そういえば、CPUの性能はこのサイト(Geekbench)で調べるといいかも。数字が高い方が性能いいんだって。

リサ

ねぇ、お父さんの「せれろん」は??

ミライ

えっと・・・(下の方)